〝ものづくりに革新を起こす〟
レーザ加工の最先端を走り続ける

株式会社レーザックス

レーザ加工やレーザ加工機器の設計・製造するレーザ加工に関する総合メーカーです。
レーザ加工事業は、日本では業界トップでパイオニア的存在でもあります。
…とは言っても、BtoB企業ということもあり、ピンとこないですよね。
例えば、航空機のエンジンや医療用ナイフの開発工程に携わり、形状などをレーザ加工の専門的見地から意見を出してお客さんと一緒に製品を作りあげたりします。ただ素材を加工するだけでなく、お客さんから『こういう部品作りたいんだけど、できる?』みたいに頼られながら一緒に製品作りをするのも当社の強みです。

オンリーワンの魅力

高い専門性が必要なレーザ事業にいち早く進出し、30年以上に渡り知識や技術を磨きあげてきました。それゆえ依頼の大半は、自動車・半導体・医療・航空など様々な業界・企業からの難加工技術による試作品加工や、加工試験であり、まだ世の中で成立していない加工を成功させることにより、当社はレーザ技術の普及、発展に貢献し続けています。さらには、蓄積されたレーザ加工のノウハウを活かし、レーザ周辺機器やレーザ加工機などの開発にも取り組み、レーザ加工ヘッドと呼ばれるレーザ光を照射する機器は、当社が初めて国産化しました。レーザ加工とレーザ加工機器の設計・製造を手掛ける国内では数少ないレーザ加工に関する総合メーカーとして事業展開をしています。

将来のビジョン

航空機関連はこれからも需要がある産業と捉え、航空宇宙産業向けの品質マネジメントシステム規格である「AS9100」「Nadcap」の認証を取得し、さらに2019年に「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」の企業として指定を受けました。また、2014年と2018年に航空機エンジン部品への斜め穴あけ加工の需要に応えるため、3次元レーザ加工機の「LASERDYNE 795」を2機導入する大型投資を行い、航空産業需要拡大に対応できる生産体制を整えています。

 

学生へのアドバイス

自動車業界では100年に1度の変革の時代と言われ、その他の業界でも産業構造の大きな変革をしなければ生き残れない時代になってきています。ものづくりの世界も各社が役割分担をして、共存・共栄し、様々な業界・企業が業種を超えてつながる社会へとさらに変化していきます。社会人生活は約40年と有限であり、どういう会社に入るのかよりも、どういう技術者になりたいか、そこでどういうキャリアを積むべきかで会社を選ぶべきだと思います。真の安定とは「専門性を磨き」社会から必要とされ続けることを実感できることだと思います。今後、単純・定型的な作業はテクノロジーにとって代わっていきます。専門性を磨いて希少価値のある社会人になっていく努力をしてください。私たちもレーザ加工という高い希少性のある技術で未来のものづくりを創っていくために、日々努力しています。

【会社データ】

社名

株式会社レーザックス

創業
1941年
所在地

知立市新林町小深田7

TEL
0566-83-2219
従業員数
社員103名(2019年11月現在)
事業内容

レーザ受託加工、レーザ周辺機器、鋳物調達

この会社に興味を持った方はこちら

ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

TEL.052-957-7480
FAX.052-957-3925

愛知100選編集事務局

〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-16-29 4F