味噌需要低下に立ち向かうナカモの未来

ナカモ株式会社

Q.企業の強み・オンリーワンの魅力を教えてください。

他社とは違った消費者へのアプローチ方法

190年以上やっていること、お金では買えない歴史があるというのは会社にとって大きいですね。また、一番の強みは「つけてみそかけてみそ」という看板商品があることです。「つけてみそかけてみそ」は、他社からこの製品を使った新商品を開発したいという話を持ち込まれることもあります。例えば、弊社グループ会社の不動産部門とご縁があった飲食店様にて、ナカモの味噌を使用した料理を出してもらうなど、他社とは違った消費者へのアプローチ方法が出来るという事も強みです。素材へのこだわりもあります。愛知県産大豆のフクユタカを100%使用した味噌など、地産地消の製品も作っています。
味噌は、原材料種類も少なく、醸造期間も他社と比べて基本的な作り方はほとんど変わりませんが、豆味噌文化の東海3県では珍しく、白味噌を造っているという特徴があります。ほかにも豆味噌と白味噌をブレンドした商品を作っているため、それを味噌単体だけでなく、様々な製品に利用していけるメリットがあります。

目指す企業の姿とは?

次の世代へ味噌の文化を伝える

昔は味噌汁を毎日飲んでいる家庭が多かったですが、現在は味噌汁を毎日飲むわけではありません。あくまで身近な一例ですが、このことからもわかるように、現在味噌業界は需要が減っています。そのため、「生味噌」以外の形に味噌を変化させることで、毎日食べられるような味噌製品、発酵食品を作り、次の世代へ味噌の文化を伝えることを目標としています。
味噌メーカーの主戦場は味噌の売り場だけという固定概念を取り払って、スーパーなどで味噌を買いに来ている人以外の人にも味噌を購入してもらうために、「から揚げにつけタレ!かけタレ!」など、違うカテゴリーの売り場に置いてもらうことができる味噌製品を開発しました。

 

Q.営業職で苦労したことはありますか?

愛知県では知名度がある一方で、県外では知らない人が多いという状況のため、県外の営業が大変でした。看板商品があるからと言って、ナカモの商品を絶対使ってくれるというわけではないですし、あくまで一例として営業しなくてはならない点に苦労があるそうです。

Q.学生へのアドバイスをお願いします。

社員が43人と少人数の会社のため、営業部・製造部・管理部などありますが、部の垣根を超えて仕事をしています。そのため最低限のコミュニケーション能力や、すれ違いの時にあいさつをするなど、コミュニケーション力やマナーが必要だと思います。これはどの会社にも必要なことだと思います。

祖父江さんは、内定が決まり就職するまでの時期に、就職後の生活について不安を感じていたため、その比較的自由な時間にパソコンの使い方や会食のマナーなど、就職後に不安に感じていたことを一つずつ克服して行ったそうです。
山田さんは、学生の時にやり残したことは社会人になった後も後悔として残るため、やりたいことをやれるだけやった方が良いとおっしゃいます。学生時代にやったことは社会人になった後のコミュニケーションのツールにもなるため、とても大切だとお話くださいました。社会人になって学ぶべきことは社会人になってから働きながら覚えていけば良いとのことです。

 

〜感動ポイント〜

☆職場の雰囲気
少人数の企業であるためコミュニケーションを重視しており、社員同士の距離が近く、やわらかい雰囲気がありました。社長と社員など、上下関係にとらわれず、仕事をされているアットホームな印象を受けました。社員一人ひとりが目標を持ち、それを社長が応援してくれる。そんな職場の雰囲気が感じられました。

Q.普段、必ず持ち歩いているツールを教えてください。

メモ帳やスケジュール帳、電卓です。営業の必需品ですね。(営業部社員)
Web会議も増え、様々な場所で会議に参加できるよう、 wi-fiとイヤホンを持ち歩いています。また、移動中や昼食時に読むための本や、除菌グッズも欠かせません。(代表取締役社長)
爪切りです。商品の陳列の際、爪が伸びていると、商品に傷をつけてしまう可能性もあるので、いつも気を遣っています。(営業部社員)

今後の事業展開方向について

味噌単体で売るだけではなく、味噌を使った製品を作ったり、既存の製品に味噌を取り入れるなどして商品開発を行っている点に感動しました。新たに、アウトドアにも使えるような商品や、スパイスに混ぜて使う商品など、新しい使い道を考えていらっしゃるそうです。

【会社データ】

社名

ナカモ株式会社

設立
1965年(創業 1830年)
所在地
本社/清須市西枇杷島町十軒裏3番地
TEL
052-501-6211
従業員数
41名
事業内容

豆みそ・米みそ・調合みそ・FD・調理みその製造販売

この会社に興味を持った方はこちら

ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

TEL.052-957-7480
FAX.052-957-3925

愛知100選編集事務局

〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-16-29 4F