スバル車をもっとたくさんの方に愛される車に~スバルを愛する仲間と共に~

名古屋スバル自動車株式会社

Q.企業の強み・オンリーワンの魅力を教えてください。

職場のチームワークが良く、結束力が強く、仲が良い。

現場の中でのコミュニケーションが活発で、苦境であっても、総合力で力を発揮できるところが私達の強みだと思っています。
来店されるお客様が多く、営業職のみでは人員が不足した際も、他部門のスタッフが応援に入ってくれたので、助け合うことができました。
それらの連携力や、乗り越える力をこれからも大切にしていきたいと考えています。
スバルの車を所有されるお客様は、運転の愉しさや、安全性など、車に対してこだわりを持ち、多趣味でアクティブな方が多い印象があります。
趣味のために車を買い替えるなど、車をただ移動手段として使っているのではなく、運転をたのしんでいる人やスバル車を大事にしている人が多く、そういったスバル車を活用しているお客様に支えられています。
日本国内のスバル車の販売シェアは約4%と決して高くはないですが、その4%のお客様を大切にすることで、業績につなげております。
社員自身もスバル車が好きな人が多く、学生向けの企業説明会で、つい、自社の商品のことを熱く語ってしまうことも多いのです。自分が本気で良いと思う商品を勧められるのは幸せだと思っています。

 

Q.目指す企業の姿とは?

お客様に寄り添い、人と人とのコミュニケーションによって安心と愉しさを提供していく。

あくまでも生産はメーカーなので、戦略に関してはメーカーに依存しています。それでは、製品さえよければ車は売れていくのかというと、それは全く違うと考えています。人口減少に伴う需要の低下や、多機能化による価格の高騰の中、どのように製品を販売していくかがカギになってきます。
地元に根差したサービスを提供しているスバルだからこそ、アフターサービスなどを通してお客様に寄り添い、人と人とのコミュニケーションによって安心と愉しさを提供していくことが必要だと考えます。
「またここで買いたい」と思ってもらえるように、最高のサービスでお客様とつながりを持っていくことを大切にしています。

 

Q.学生へのアドバイスをお願いします。

バランスの良い人を求めています。スバルの車について入社時に詳しいかどうかは問いません。それは勉強すれば良いことだと思います。スバルの車は決して「万人受け」ではありませんので、スバルの安全性やスバルブランドに共感できる人を求めています。

Q.普段、必ず持ち歩いているツールを教えてください。

今枝さん:パソコンが無くなったら死んじゃう。それ以外だと、手帳。
國田さん:道具ではなく想い。与えられた環境でどれだけ最善を尽くせるか、という心を常に持ち歩いています。
舟橋さん:紙の手帳。携帯やパソコンにお客様の前で書き込むことは少し気になります。とにかく手帳に、話したこと、約束したこと、たくさん書きます。お客様の事は必ず覚えていたいので、雑談の中から聞いたお話なども書き留めることもありますし、言い違いや言った言わないにならないように、手帳にメモを残しています。

 

Q.学生の視点から見ると?

スバルのことを誇りに思い、好きでいることがこの名古屋スバルの特徴だと思います。お話を伺った方全員がスバル車の話をする時にとても楽しそうで、そのような思いや表情は、必ずお客様にも伝わると思いました。
職場では社員同士の仲がすごく良くて、企業の強みとしてこれを発言できるのは、本当に思っていないと出てこない事なので、とても良い雰囲気だと感じました。仕事でも、プライベートでも仲を深められているので、いざとなった時に力を発揮し合える環境だと思いました。

〜感動ポイント〜

☆今の仕事を選んだ理由は?
今枝さん:中学生の頃からスバルが好きで、営業をやりたいと思った時に、自分が好きなものを売りたいと思ったからです。
國田さん:大学生の時にお金を貯めて買った車がスバルでした。乗り出すと、車がおもしろいなと思い始め、スバルについて調べていくうちに興味を持ちました。
舟橋さん:父親の影響で車が好きになりました。ある日街中を走るスバル車がかっこいいと思い、自分で買ったところ、運転が楽しかったことを覚えています。就活時、他の業種も見ましたが、説明会で話されていた今枝さんのお話を聞いてスバルの車づくりに関心を持ち、おもしろそうだと感じました。そしてこの思いを多くのお客さんにも良いなと思ってもらいたいと自然に考えるようになりました。

☆この仕事についてよかった!と思った瞬間
今枝さん:企業説明会で説明をし、それを聞いて入社してくれる社員がいて、社員同士で結婚をする人もいて、すごく人の人生に影響を与える仕事をしていると感じる時です。
國田さん:お客様と車だけのことではなくお互いの趣味などのお話をしていることが「仕事」になっていること。そしてそれらを楽しいと思いながらできていることです。
舟橋さん:知識の幅が広がったことです。車のことだけでなく、自分が生きていく中でも役に立つ保険のことや、役所とやり取りする手続きのことなども知ることができました。また、年上のお客様と話していく中で、知らないことをたくさん教えていただきました。

大きな家族のような会社ではないかなと感じます。「お客様を幸せにするためには、まずは社員が幸せでいること」。そのために、社員の満足度調査などの取り組みをしていると伺いました。社員の仲も非常に良く、家族のように一丸となって進んでいくのだと思います。

【会社データ】

社名
名古屋スバル自動車株式会社
創立
1958年11月1日
所在地
名古屋市北区落合町233
TEL
052-901-8611
従業員数
584名(男性509名、女性75名)2022年4月1日現在
事業内容
スバルの新車・中古車販売、自動車整備・修理、関連部品・用品の販売、自動車リース、各種保険代理店業他

この会社に興味を持った方はこちら

ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

TEL.052-957-7480
FAX.052-957-3925

愛知100選編集事務局

〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-16-29 4F