~心も暮らしもあたたかく~

株式会社トヨトミ

“暖かさを通じて広く社会に貢献する” を目標に、「暮らしのパートナー」として、歩み続けています。1952年(昭和27年2月)、初めて石油コンロを世に送り出し、世界各国のご家庭に文化の炎をともして半世紀という歴史があります。

オンリーワンの魅力

メイドインジャパン。この言葉に深く感動しました。現在、様々な商品が国外で生産されている中、そこにこだわっていることで、多くのメリットがあるそうです。働く人の顔が見えていることもあり、様々な課題があっても、皆で共有でき、解決しやすい環境といえます。
「ダブルクリーン」と呼ばれる「燃焼ガスをもう一度燃やす」という発想の転換が製品開発のきっかけになったそうです。下部の燃焼筒から出た排ガスを、上部の燃焼筒でもう一度燃焼させることにより、CO(一酸化炭素)、NO2(二酸化窒素)の発生を大幅に低減できたそうです。

目指す企業の姿
〜経営理念・将来ビジョン〜

「自社商品がある」
下請けに任せるのではなく、全て自社で生産されているため、責任の重さもありますが、その分、お客様のニーズに応えた商品ができあがり、売り場で商品が売れているところを見ると、とても達成感があるそうです。また、日本国内だけでなく、環境や文化の全く違う世界各国にも商品を提供しているので、海外の方の声が届いた時は感動もひとしおです。石油燃焼機器だけでなく、エアコン・電気暖房機など電気機器においても着実な成果を挙げており、今後この分野においても更なる飛躍を目指しています。

 

学生の視点

実力主義で年齢や性別、学歴などにもとらわれず、どの部署の社員がアイデアを出しても、その企画が通れば、世に出る商品となることもあるそうです。育休を取って復帰する率もとても高く、また復帰後も同じ職場に戻ることができるので女性も含め、安心して家庭と職場を両立できるしくみが、とてもすばらしいと感じました。

〜感動ポイント〜

業務改善制度があり、入社間もない社員でも意見をいうことができます。社会貢献として、インフラの整備されていない国への石油コンロの供給や災害時には、ストーブをお届けしての支援など、「温かさ」というのは、物理的側面のみならず、「こころの温かさ」も届けられるのだと思いました。

学生へのアドバイスをいただきました

「後悔先に立たず」とにかく、学生時代は「今できること」を躊躇せず、やることが大切と教わりました。またアルバイトでも旅行でも、人とのふれあいを通じて様々なことを学べるので、出来る限り色々な場面で多くの方とコミュニケーションを取ることが重要と伺いました。

 

CL-25E「Classic」

さまざまな立場で
女性の活躍できる職場

女性の活躍をとても応援していて、女性ならではの目線からデザイン性の高い、ストーブの企画、語学を活かして、海外とのやりとり、ユーザーの立場になり、ロングセラー商品の開発など、様々な立場で女性が活躍しています。

【会社データ】

社名
株式会社トヨトミ
設立
1949年7月
所在地
名古屋市瑞穂区桃園町5番17号
TEL
052-822-1144
従業員数
約400名(男性320名、女性80名)
事業内容
石油ストーブ、石油ファンヒーター、石油コンロ、石油給湯機、電気暖房機、ルームエアコン、冷風機、除湿乾燥機、加湿器、空気清浄機等の製造販売

この会社に興味を持った方はこちら

ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

TEL.052-957-7480
FAX.052-957-3925

愛知100選編集事務局

〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-16-29 4F