社員全員がNo.1を目指し成長し続ける会社

株式会社八幡ねじ

ねじを中心とした締結部品や、一般消費者向けDIY商材の企画製造販売をしています。

Q.企業の強みを教えてください。

安定した事業体制と付加価値の創出

メーカー向け「B to B」とホームセンター向け「B to B to C」の2つの事業部があり、どちらか一方だけに卸している会社が多い中、両方の機能を持ち合わせているのが大きな強みです。
幅広い業界のお客様とお取引をさせていただいているので、ひとつの業界の動向に左右されることなく安定しています。
また、1本1円に満たないねじが多い中、付加価値を生みだし年商200億円以上の実績を上げています。
例えば、インテリアやガーデニング用品を自社で企画・デザインし、メーカー向けの商材を作っている協力会社で製造してホームセンターで販売するなど、2つの事業部の強みを活かして作ったり、商品を売るだけでなく現代のお客さまに合った暮らし方の提案もしています。

Q.入社1年目でどんな仕事をしますか?

責任ある仕事を1年目から任されます。

人事企画部では、採用活動をメインで行い、会社の顔として会社の魅力を伝えたり、学生が欲しい情報を模索して正確に伝えることで、入社後のギャップが少なくなるように気を付けています。採用活動は人生を左右してしまう可能性もあるのでとても責任があります。
開発営業課では、お客様へ提出する実験データの資料作成など、基礎的なことをしっかり学びます。開発した商品の試験データをとったり、実際にお客様の目の前で商品の試験を実演するなど営業活動の一翼を担っています。他の会社では1年目では任せてもらえないようなことも先輩のサポートを受けながら挑戦しています。

 

Q.どんな人が働いていますか?

優しい人ばかりです。若手も多く、和気あいあいとしています。

ワンフロアにほとんどの部署が集結しており、社長や上司とも話しやすい雰囲気があり、他の部署との垣根もないので社員同士の仲が良いです。
わからないことを聞けば手を止めて応えてくれたり、サポートしてくれるので、若手も積極的に挑戦することができます。また、頑張りをしっかり評価してもらえるので、頑張り次第では年齢を問わず役職を任され、活躍するチャンスもあります。自分の考えを持ち、発信することができる人が活躍しています。

Q.会社が目指すビジョンは?

コスト・スピード面の向上と、幅広い業界への参入。

今後の課題は、コスト・スピード面の向上。同じものをいかにローコストでやっていくか、お客様から注文をもらって届けるまでいかにスピードアップできるかが重要です。
また、近年は、インテリア関連商品の開発をはじめ、半導体やスマートフォンなど、時代の先端をいく分野でも挑戦中。幅広い業界に参入しながら、活躍の可能性を広げていきます。


〜感動ポイント〜

☆品質管理を徹底し35万点の商品を販売
商社としての機能が強い八幡ねじでは、ねじ以外の製品も協力会社から調達でき、品質検査も社内で実施。中国・台湾・タイ・インドネシアの自社工場では、日本のモノづくり品質レベルで製造が可能です。
現在、35万点の商品を取り扱っていますが、ねじは1ミリ単位で種類も多く、お客さまのニーズに応えていった結果、増えてきたそうです。

☆お客さまが手に取りやすいデザイン
ホームセンターでは大量のねじがバラバラな状態で雑然と売られることも多く、八幡ねじでは、お客さまが手に取りやすいよう、サイズ、種類、材質ごとにパッケージデザインを色分けをし工夫しています。
また、デザイン系の学生を採用しており、PR動画やポップも自社で作っているそうです。ポスターを見せてもらいましたが、金属の冷たいイメージはなく、オシャレでかわいいデザインが印象的でした。

☆朝礼で社是・社訓を唱和
八幡ねじの社是は、「『三方善』の精神で新技術・新分野を拓く」ですが、これは近江商人の「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の考え「三方良し」をもとにしたもの。社訓としては、「私たちの働きが社会への貢献に通ずること」「私たちの働きが全員の幸福に通ずること」「私たちの働きの手段・方法が反社会的でないこと」の3つを大事にしており、人として正しいことをして三者ともが幸せになり成長していくことをめざしています。
本社で毎日行われる朝礼では、全員でラジオ体操をした後、社是・社訓を唱和し、先人の言葉を聞くそうです。社是・社訓を唱和することで、会社のポリシーを自分の中にしっかりと入れることができ、また先人の言葉から今日一日どういったことに気をつけるかなどの明確な目標ができるそうです。

☆評価されやすい職場
八幡ねじは、評価されやすい職場だとおっしゃっていました。やって失敗するより、やらずに失敗することが良くないという考えから、チャレンジを応援してくれる人が多く、そこが会社の一番の魅力だといいます。
今回取材させていただいたのは若手社員の方ばかりでしたが、高柳さんは次回から採用を任され、五島さんはCADのスペシャリストになるため勉強を続け、遠藤さんは主任として開発から営業まで一連の流れをすべて1人で担当しているとのこと。それぞれ、大きな責任とともに、日々成長を実感されているそうです。
他の会社では1~3年目までは研修が多いなか、研修もありつつ1年目から重要な仕事を任せられるのは、とてもやりがいがあると思いました。また、八幡ねじでは、メーカーだけでなくホームセンターに卸す仕事もしているため、生活の中で自分の成果を目で見て感じることができるのも、働きがいにつながると考えました。
ちなみに、遠藤さんと五島さんの席の前に社長の席があると聞きましたが、普段から社長ともコミュニケーションが取りやすい、非常に風通しの良い会社であると思いました。
社員同士で日頃の感謝を伝え合う「サンクスカード」もとても良い取り組みで、直接伝えられない感謝を形にして送るというのが社員同士の仲の深まりにつながっていると感じました。

☆栄養士さんのいる食堂がオープン
2019年4月に食堂がオープン。毎日、栄養士さんが朝から準備してくれる、健康的で温かいランチが食べられるようになったそうです。
それまでは、質素な仕出し弁当しかなく、毎日数人の注文があるだけで、社員は皆、コンビニで買ったもので適当に済ませるか外食に出かけていましたが、食堂のお陰で時間のロスも減り、今ではほとんどの人が食堂を利用するように。お昼の時間が、社員同士のコミュニケーションの場にもなっているとのことです。

名札に書かれた”1年間で目指すNo.1”!

社内見学をさせてもらった際、私たちの質問に対して、とても丁寧に詳しく教えていただき、社員の皆さんが仕事や会社に誇りを持っていることが伝わってきました。
社員の皆さんの名札には、”1年間で目指すNo.1”が書かれてありましたが、社員全員が何かしらのNo.1を目指していることが会社の成長につながっているのだと感じました。

【会社データ】

社名
株式会社八幡ねじ
創立
1946年9月10日
所在地
北名古屋市山之腰天神東18
TEL
0568-22-2629
従業員数
1,036名(グループ計)
事業内容
各種ねじ製品・機械加工部品の製造販売

この会社に興味を持った方はこちら

ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

TEL.052-957-7480
FAX.052-957-3925

愛知100選編集事務局

〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-16-29 4F